So-net無料ブログ作成
ママの思い ブログトップ

明治神宮での大祓 ~40代を迎える準備~ [ママの思い]


大晦日。
私にとっては30代最後の夜。
今までの40年間、そして明日からの人生に特別な思いがある。

学生の頃から、40代にはこうなっていたい、このような事がしたいと理想の形が常にあった。
それは物質的なことではなく、私自身の心の在り方というべきか。

何故それが40代なのかというと言葉にするのはとても難しいんだけど、道徳を改めるのに適している年齢というのかな(今思いついた言葉。良い言葉^^)

道徳って学校で授業であったけど、実はとても奥の深いことで、もしかしたら正解なんて無いんじゃないかと思ったりする。

20代ではまだ演技、しかも遊びたい盛り^^;
30代ではまだ他に従事しなければならないことがある。
40代なら自分に本当に必要なものや大事にしたいもの(こと)が分かってくるのではないかと、なんとな~く若い時から感じていた。

例えば時間の使い方もひとつ。
散歩の仕方も景色を見たり、道端の草木を写真に収めたり、風を感じたり、行き交う人や車をただただ見ていたり。
そんなことが好き。

日本の伝統文化にも少し興味が出てきた。

昨年、愛息が生まれた。
私自身、このタイミングで子供を授かれたことに感謝したいと思う。
それは高齢出産という意味ではなくて、ターニングポイントになるであろう40代を迎えると同時に、子供にもいろんな事を伝えていけるから。

何気ない日常に感動し、穏やかに向き合い、感謝したいと思う。
そうでありたいと願う。





大晦日に行われる大祓。
2日前に知ったばかり。
これは絶対行かなくては!

心身の浄化をしてから40代を迎えたい。

それも明治神宮で。

『大祓』とは、人が知らず知らずのうちに犯してしまった罪や過ち、心身のけがれを祓い清めるための神事。(明治神宮HPより)

この「知らずうちに」というのが私としてはポイント!!
自覚がない罪ってことですよ。
本人の自覚がないことを受け入れる心が必要なんです!

これこそ謙虚と感謝の姿勢ではないかと素直に感じました。





大祓には勿論ボクちゃんも一緒よ。
抱っこ紐に収まって、電車で出発!

原宿駅から南参道をテクテク。
鳥居手前では一礼し、左端を歩かせて頂きました。
両側には奉献された酒樽がたくさん!
左にはワイン(明治天皇がお好みになられたそうで)右には日本酒でした。

思わず地元のお酒を探しちゃった~。
米所なので数種類の酒樽があった。
なんか嬉しかったな~。

手水舎でボクちゃんと共に手を洗い口をすすいで身を清めました。
ボクちゃんは唇にちょんちょんしただけだけどね。

大祓は手水舎前の祓舎にて14時から。
まだ時間に余裕があったので、本殿前にて参拝をしました。

これがTVで観る光景か~。
大きなお賽銭箱(箱という規模ではないけど)

まだ混雑はしていないようで、すんなりと本殿前まで到着。
ボクちゃんもそろそろ動きたがっていたので、抱っこ紐から降ろしてウォーキング。

再び南神門へ戻り、ボクちゃんは楽しくて周辺を行ったり来たり。
端に誘導しては参道へ向かって行ってしまうので、神様お許しを~。

10分前には祓舎前には立っている人も増えてきたので、そろそろこちらもスタンバイ。

厳粛に執り行われること30分。
ボクちゃんは途中何度か小声で愚図ってしまい、退散しようか悩んでいるうちに無事終了。
清めて頂きました。

帰りは東神門から参道をゆっくり歩き、まだ賑わっていない出店エリアへ。
小腹が空いたので、東京名物もんじゃまんをひとつ買って、ボクちゃんと半分こ。

なんだか気持ちが晴れたかな?
これで清々しく新年を迎えられそうだね。

来年もよろしくお願いします。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児
ママの思い ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。